即日融資も可能なキャッシング業者

当サイト一押しはコチラです!!
↓↓↓
300 × 250

即日融資可能なキャッシングで短期の必要経費を補い資産構築

世の中に資産家と言われる人はたくさんいますが、彼らは非常に上手に借金と付き合っています。日本人の中には現金主義で資産を作ったタイプの人もいますが、圧倒的に多いのは現金に囚われないで価値の増加という部分にフォーカスできる人たちです。

 

手元に現金をたくさん持っていると、インフレ時には価値が減少していきます。先進国では長期的に見てもインフレ基調なので、現金で持たない方がいいのです。

 

ではどのようにしていけば、価値の増加ということを考えて資産を増やしていけるのでしょうか?即日融資も可能なキャッシングを利用して上手に運用していくことがポイントになります。

 

なるべく手元に現金を持たないようにする必要性

まず最初に普通預金も含めて、すぐに引き出せるような状況にしないことが大切です。日本の場合は、銀行に預け入れてもほとんど利息は付きませんし、価値が上昇していくこともほとんどありません。

 

特に今は、日銀の「次元を超えた量的質的緩和」政策により、巨額のお金が信用創造されており、日本がインフレ基調です。そのため円の価値も下がり急激に現金の価値も減少しているのです。

 

それに加えてすぐに引き出せる普通預金にあずけておくと、なかなか資金も貯まってきません。現実的には必要最低限の現金を除いて、財形貯蓄、不動産、投資信託、金などの現物投資で積み立てていくのがお勧めです。

 

財形貯蓄や投資信託、金投資を有効活用

不動産投資はかなり勉強が必要なので、一般的には財形貯蓄、投資信託、金などの現物投資が一般的な資産形成方法ですね。不動産は日本国内だと少子高齢化、長期的な円の価値の減少により年々地価が下落しています。

 

相当な目利きと維持管理能力などが必要になってくるので、素人は手を出さないほうがいいです。海外の不動産投資もなおさら現地の法律や経済情勢なども分かっていないと行けないので危険です。

 

そこで例えば財形貯蓄なのですが、これも確かにインフレの影響は受けます。ただ手続きをしないと引き出しにくいのと企業が行っているものは金利も優遇されていたりするので最初に行うのにはお勧めです。

 

会社員なら給料から天引きされるので、最初からない資金とかんがえることが出来るので、気が付いたら結構な金額になっているのも嬉しいところです。

 

さらにステップアップする場合は、投資信託と金などの現物投資に分散していきます。金に関しては先物取引はハイレバレッジでリスクがあるので、止めておきましょう。

 

この2つも毎月、定額でドルコスト平均法を使い中長期の積立をしていきます。それにより価格の上下などを平均化して高い確率で利益を得ることができます。

 

感覚的には年金代わりにするくらいの長期のイメージで投資をすると、資産の構築を達成する可能性が高くなります。金などは長期では必ず値上がりしていますし、現物なので資産価値がゼロになることもありません。

 

さらにお得なところでは、購入する時はその時点の消費税を支払う必要があるのですが、売却時にはその次代の消費税分が上乗せされて獲得することができます。

 

少子高齢化のことを考えても、将来的に消費税が上昇していくのは間違いないので、この部分の利益も狙うことができます。

 

即日融資も可能なキャッシングで短期の必要経費を適時補う

ここでなるべく手元にお金を置いておかなくても済むように、即日融資も可能なキャッシングを利用していきます。計算上、必要なお金は自宅に持つか普通預金に入れて置いて、残りは投資資金や財形貯蓄に当てていくのです。

 

そうすることで投資効率を高めることができるのです。複利運用においては、なるべく若いうちから開始して可能なかぎり金額を大きく
つぎ込むのが鉄則です。

 

財形貯蓄はもちろん、投資信託、金投資などは長期投資をした場合が安全性が高いものなので、将来の資産構築をすることができます。

 

そしてイレギュラーで発生した短期の必要経費は、即日融資も可能なキャッシングを活用して、融資を受けて早めに返済していけば返済利息を考えても優位性があります。

 

問題なのは必要以上に保守的になって、手元に現金を多く持ちすぎることなのです。これをしているとなかなか資産を作るのは難しくなります。

 

そして必要経費の内に足りない分を、財形の取崩しや投資信託の一部売却などをするのもよくありません。これも運用成績を悪くしてしまうので、結局はお金を残すことができなくなります。

 

なるべく消費者金融や銀行のカードローンで補い、最悪でも次のボーナスまでには完済するように計画的に利用するのが資産構築にはベストです。

 

まとめ

日本では、経済が発展している割に金融資産が1億円以上持っている人が非常に少ないです。これが香港などでは、日本の数倍以上の割合になります。

 

どうしても日本人には、現金主義で借金は良くないもの、という考え方が根強いのが原因の一つと言えます。

 

今回ご紹介した手持ちの現金を少なくして、財形貯蓄、投資信託、金投資などに積み立てるスキームを利用して、是非将来的に資産を構築していってください。

 

この方法は、投資ということを考えると初心者向けの方法ですが、その分、誰でも実践できると思います。長期的に実施していけば絶大な効果があるので、消費者金融を上手く利用して実践してみてください。