結婚式の招待のための借り入れ

当サイト一押しはコチラです!!
↓↓↓
300 × 250

結婚式の招待が続いた時に借り入れが必要

普段はキャッシングなどをしない人でも、急な出費が重なりお金を借りたくなることはありますね。特にそれが人間関係に関することだと、なかなか出費をなくすというわけにはいきません。

 

代表的なものに結婚式があります。今では6月にこだわるジューン・ブライドという習慣も薄れてきてはいますが、やはり夏場や冬場は避けて式をあげる人も多いです。結局は、ある時期に集中して招待状が届いてしまうというのはありがちです。

 

そのような場合こそ、キャッシングの利用が便利です。

 

結婚式は積極的に参加しましょう

何でもお金を節約したがる人はいますが、あまり徹底しすぎると社会的に孤立していってしまいます。やはり親しい関係にある友人・知人などに使うお金をケチってしまうのは良くありません。

 

特に自分の結婚式に出席してくれた人や、将来、招待に応じてくれそうな人の式には必ず参加するべきです。いくら資金的に厳しくても、人間関係の方が大切です。もちろん普段の飲み会レベルで出合う交友関係なら、毎回出る必要もありません。

 

ただ親しい人の場合は、結婚式のように、基本的に一生に一回というイベントならなるべく参加するのが筋というものです。やはり年齢などの問題で、立て続けに招待が来ることはあると思いますがそこは何とか応じていきましょう。

 

お金も大事ですが、人間関係よりも重要なものではありません。

 

結婚式の資金対策にキャッシングを活用する

結婚式に使うご祝儀や二次会の参加費用、プレゼントなどはいわゆる浪費ではないので、返済もスムーズに出来ると思います。よく知らない人のものまで参加する必要はないので、借金が積み上がっていくこともありません。

 

そこでしっかりと返済期間を計算しながら、手持ちの資金で足りない分はキャッシングを利用していくことをお勧めします。

 

ボーナスが出た時に残額は完済する、1年以内にすべて返済する、などと決めてしまえば借入もしやすいと思います。だらだらと利息だけ返済するのはよくありません。

 

私自身もプロミスを利用して、友人の結婚式に参加するためにキャッシングをしたことがあります。その時もボーナスの時にすべて返済しましたが、やはり無理してでも出席して良かったと思っています。

 

友人もすごく喜んでくれましたし、今でも連絡を取り合ったり、たまに会ったりして親交は続いています。

 

特に若い頃は、貯金も少ないのに知り合いの結婚が続いたりしますが、きちんと参加しておいたほうが後悔することもないと思います。

 

まとめ

人生で何よりも大事なのは、お金よりも大切な家族・友人・知人などの人間関係だと思います。見栄をはったり浪費するための借金は禁物ですが、結婚式のような大事なイベントごとには、金銭的に苦しくても積極的に参加することをお勧めします。

 

一時的に消費者金融を利用することで、その時は家計が厳しくなっても将来的な満足感は大きいと思います。